カートをみる マイページ ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

テンペについて

テンペ
テンペとはインドネシアの伝統的な発酵食品で、大豆などを「テンペ菌」で発酵させた食品です。

テンペ菌
テンペ菌とはクモノスカビの一種で、熱帯の植物(ハイビスカスやバナナ等)の葉の裏などについている有益な菌です。現在はテンペ製造用にテンペ菌が販売されており、それらを用いたり、テンペ菌を純粋培養して製造する所が多いようです。 もたいテンペではインドネシア政府認可され販売されているテンペ菌を使用しています。


「栗のような味」「茹で豆の味」など、人によって感じ方は異なるようですが基本的にはたんぱくな味わいで強い発酵臭やねばりなどはありません。
もたいテンペのテンペは日本で私達が作っていますので、食べてみて「この発酵状態が今の所一番好みだな」という感覚でできています。ですので、味は本場のものとは違いどこか日本風だと思います。豆の味自体は濃いけれど、どこかさっぱり…今の所そんな味です。
日々発見で、豆の違いや少しの準備の違いで発酵具合が変化してきます。もっと美味しい方法を見つけたらそちらにシフトするやり方をしていますので厳密にはいつも味が違うかもしれません。

調理方法
発酵止めに過熱処理をしてありますので、袋から出してそのままの状態で 塩をつけて食べたり、サラダやヨーグルトなどと一緒に食べる事もできます。菌糸が豆同士をつないでいるので、包丁で切ってお好きなサイズで調理する事もできますし、細かく崩してお好み焼きの生地やお好きな料理の種などに混ぜる事もできます。

素揚げしたテンペに塩を振って食べるシンプルな食べ方は簡単ですがお好きな方が多いようです。素揚げやソテーをしたテンペをお好みのタレに絡めたり、盛り付けたスープにさっとのせて食べるのもおいしいです。